長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」−さいたま地裁(時事通信)

 知的障害を持つ長男=当時(42)=を絞殺したとして、殺人罪に問われた無職佐藤久仁夫(73)、妻和子(67)両被告の裁判員裁判で、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)は1日、両被告にそれぞれ懲役4年(求刑はいずれも懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決は「知的障害や病気があることで、人間の尊厳や人生の可能性が奪われてよい道理はない」とした。
 弁護側は、被害者が更生施設から一時帰宅するたびに暴力をふるった事情を指摘し、執行猶予を求めていた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた主婦木下テイ子さん(60)は「社会問題としてサポートしていかないといけない事件だ」と語った。 

「寒ブリ」不漁、水揚げ10分の1…富山湾(読売新聞)
地位協定見直しを要請=沖縄中部市町村会(時事通信)
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止−成田(時事通信)
天皇陛下、風邪や腹痛などで葉山静養取りやめ(読売新聞)
大阪地検、供述メモ廃棄…郵便不正事件(読売新聞)
[PR]
by yba71z7vf4 | 2010-02-08 00:36